最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

著者 :
  • 新潮社 (2016年9月16日発売)
3.78
  • (243)
  • (398)
  • (322)
  • (52)
  • (16)
本棚登録 : 3414
感想 : 450
4

小説家である二宮敦人氏によるノンフィクション作品。

東京藝大のキャンパスは上野だが、上野だけでは収まりきらず北千住や茨城の取手市にもある。そして上野のキャンパスも、音楽を専攻する音校、美術を専攻する美校、に分かれているそうだ。ちなみに二宮氏の奥さんは現役の藝大生、美校で彫刻を学んでいる。

タイトルから想像するに、藝大の変人的な学生ばかりを紹介する作品かと思っていた。確かに変わった人が多いのは事実のようだが、すでに演奏活動やデザインで生計を立てている人や、将来の進路について葛藤する人など、同じ藝大生でも色々なタイプの学生がいるのだなと思った。

毎年9月に開催される藝祭では、無料の演奏会など魅力的なイベントも多く、機会があれば覗いてみたいものだ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: その他
感想投稿日 : 2017年1月12日
読了日 : 2017年1月12日
本棚登録日 : 2017年1月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする