完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 (文春文庫)

3.72
  • (2)
  • (10)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 16
edward0812さん 伝記   読み終わった 

チェスの元世界チャンピオン、ボビー・フィッシャーの伝記。

貧しい家庭に生まれ育ったボビーは、幼少の頃からチェスの才能に恵まれていた。チェスの世界で数々の最年少記録を打ち立て、ついに29歳になったボビーはアメリカ人初のチェス世界チャンピオンとなる。

と、簡単に記せばこんな話なのだが、彼の一生はそんなに簡単ではなかったようだ。

若い頃から天才にありがちな、試合中や私生活での傲慢な態度。世界王者になってからも、差別的な発言や奇行を繰り返すあまり多くの友人や支援者を失い、最後には母国までも敵に回してしまうという、我々一般人には理解し難い生涯を送る事となってしまった。

冷戦下の代理戦争として、当時最強だったロシア人プレーヤーと戦い、世界チャンピオンになるまでの前半は、とても華々しくエキサイティングで面白かったが、世間から隠匿して人知れずアイスランドで生涯を閉じるまでの後半は、なんだかもの悲しくて憂鬱な気分になった…

さらに、この作品間違って2冊購入してしまって、憂鬱さを増長させるという残念な結果に…

レビュー投稿日
2016年4月16日
読了日
2016年4月16日
本棚登録日
2015年9月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャー...』のレビューをもっとみる

『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする