ザ・パーフェクト―日本初の恐竜全身骨格発掘記: ハドロサウルス発見から進化の謎まで

3.85
  • (5)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 85
レビュー : 11
edward0812さん サイエンス   読み終わった 

2003年に北海道むかわ町穂別で発掘された恐竜、「ハドロサウルス」の全身骨格化石と、その発見に関わった人々のお話し。

北海道で生まれ育った自分にとって、穂別は昔からメロンと恐竜の町というイメージがあった。でも自分が知っていたのは首長竜と呼ばれる水棲生物で、生物学的には恐竜とは違う生き物らしい、ちなみにプテラノドンなどの翼竜も恐竜ではない。そして日本国内で恐竜の化石、しかも全身の骨格が発掘されるのは非常にレアなケースだそうだ。

化石が見つかった場所は車が入れない林道脇、しかも地層は地殻変動により垂直に近い状態、発掘作業には相当なご苦労があったようだ。化石は2016年夏の時点で、ノジュールと呼ばれる岩石から取り出す作業の途中との事。穂別にあるむかわ町立穂別博物館で、ハドロサウルスの全身骨格が展示される日が待ち遠しい。

レビュー投稿日
2016年10月20日
読了日
2016年10月20日
本棚登録日
2016年7月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ザ・パーフェクト―日本初の恐竜全身骨格発...』のレビューをもっとみる

『ザ・パーフェクト―日本初の恐竜全身骨格発掘記: ハドロサウルス発見から進化の謎まで』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ザ・パーフェクト―日本初の恐竜全身骨格発掘記: ハドロサウルス発見から進化の謎まで』にedward0812さんがつけたタグ

ツイートする