ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

4.13
  • (201)
  • (176)
  • (83)
  • (21)
  • (4)
本棚登録 : 1900
レビュー : 184
著者 :
制作 : redjuice 
egueguさん  未設定  読み終わった 

ユートピアとは何か、人間の意識とか何かということを問いかけてくる小説。個人的にはhtmlをもじったetml形式と言うのがちょっとハマった要素であった。

人のプライベートを完全に公共のものにしてしまう、あるいは、人は社会のためのリソースであるといった思想は、かなり極端で非現実的だが、確かに、公共性ゆえに犯罪も起こり得ないだろうし、健康管理も自主的に行うシステムがあれば、表面上は皆が幸せに暮らせるユートピアが誕生するようにも思える。

しかし、そのような理想的な社会も一人一殺を達成しないと自分が死ぬと言う脅しで、揺らいでしまうという儚いものである。

現代のSNSは一種の監視システムとして機能しうるのではないかと思うとともに、人間らしさっていうものはもっと欲望の近くにあり、人間のドロドロした部分が現れるところなんだろうなと感じた。

小説的には、内容的にそんなに凝った設定であるわけでもなく、登場人物の心情描写もあまりなく、なんとなく無機質な感じを与えるが、これもこの小説の味なのだろう。

レビュー投稿日
2019年6月8日
読了日
2019年6月8日
本棚登録日
2019年5月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)』のレビューをもっとみる

『ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする