葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

3.50
  • (912)
  • (1906)
  • (2116)
  • (557)
  • (169)
本棚登録 : 13412
レビュー : 2110
著者 :
愛媛大学図書館サポーターさん 2017/06   未設定

自称「何でもやってやろう屋」のもと私立探偵・成瀬将虎は地下鉄にて自殺を図ろうとした女性・麻宮さくらを救って運命の出会いを果たす――。
ミステリー史上に残る巧妙なトリックがあなたを待ち受ける。
[913.6/UT]

レビュー投稿日
2018年1月18日
本棚登録日
2018年1月18日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『葉桜の季節に君を想うということ (文春文...』のレビューをもっとみる

『葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする