新しいパパの教科書

  • 学研プラス (2013年10月1日発売)
3.43
  • (19)
  • (40)
  • (61)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 443
感想 : 55
3

NPO法人ファザーリング・ジャパンが著書の本。子育てに興味があると、本法人が検索に何回も引っかかるので、気になって本書を手に取ってみた。

ファザーリングジャパンとは、「子どもが生まれ、父親になったら、仕事も育児も両立しながら楽しんで生きていきたい」の考え方のNPO法人。

内容は育児に力を入れたいパパの、まさに「教科書」。現在僕は、2人目の赤ちゃんが生まれ、育休中のタイミング。僕が1人目で試行錯誤しながら育児に取り組んできた「子育ての基礎知識、育児・家事のテクニック、パパとしてのワークライフバランス、育休のススメ」など、全部悩んできた事が本書に載っている。更に、まだ実践できていないこともたくさんあった。

なので、現在仕事一筋のプレパパには、「難易度が高い」と感じられるはず。ただ、知っておくのと知らないのでは大違いなので、プレパパには是非読んでもらいたい。

ちなみに、本書が発行されたのは、なんと2013年で7年も前。これには本当に驚いた。2020年現在でも、非常に為になる内容ばかり。

本書で1番大切にしていることは、序盤に書かれている「子育ても仕事も楽しむ」ということ。「楽しいor楽しくない」では無く「楽しむ」。
僕自身、フルタイム共働きで、一人目の子育てでバタバタと過ごしながら育休に入ったからこそ、この言葉が身に染みた。
育児と仕事で、「〜なければならない」から解放かれ、改めて「子育てを楽しむ」の原点に戻る事ができた。今後、これを忘れないように見えるところにおいて、常に意識して日々を過ごしたい。

子育ての楽しみをママに独り占めさせない!
子育ての大変さをママだけに押し付けない!
一緒に頑張りましょう!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年10月7日
読了日 : 2020年10月17日
本棚登録日 : 2020年10月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする