独立自尊―福沢諭吉の挑戦

著者 :
  • 講談社
4.38
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 3
5

物質的な従属によって得られた尊敬は本当の尊敬ではない。
→授業料負担システム [M Weber 職業としての学問]
 生徒は物質的に負担をする。その代わり教師への尊敬を強要されない。

「一身独立して一国独立する」(152)学問のすゝめ
学問によって出世できる時代になったということは、まことに大きな変化
個人の自由、平等と、国家の独立が最初から強く結びつけられている

官位の使い分け
官は実権のある者で、無為な者は害をなす
位は形式であって害は生じない

「独立自尊」(328)
成人の後も、自ら学問を勤め、知識を開発し、特性を修養する

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年11月12日
読了日 : 2018年11月12日
本棚登録日 : 2018年11月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする