日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)

3.97
  • (20)
  • (28)
  • (14)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 638
レビュー : 27
著者 :
eisaku0330さん  未設定  読み終わった 

191103日本社会のしくみ☆☆☆小熊英二
バブル後30年続いている「日本の閉塞状況」について「社会のしくみ」の視点から問題の本質に取り組んだ好著。

ポイントは、戦後の復興・高度成長の成功をもたらした「雇用構造」が社会構造に合わなくなっていることを主問題とする。

時代の求める変革方向へ、資本と労働が『協同でアクセルを踏む』ことのみが「新しいしくみ」を創り出し、新たな社会の活力を生み出すことが出来る。
改革に当たっては、透明性と公開性が不可欠。
「成果主義の失敗」は経営者側だけがメリットを追求した。

レビュー投稿日
2019年11月3日
読了日
2019年11月3日
本棚登録日
2019年10月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史...』のレビューをもっとみる

『日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする