夕暮れ密室 (角川文庫)

3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
著者 :
えりさん 文芸書   読み終わった 

‪文化祭当日、扉の開かないシャワールーム内で女生徒が死んでいるのが見つかった。元男子バレーボール部マネージャー、素直で前向きで男子生徒の憧れの的だった彼女が何故そんな日にそんな場所で死ぬ事になったのか、クラスメイト達はそれぞれの疑問を追及し始める。

進路の悩みに秘めた恋と微妙な友情、それ故にすれ違った彼らの様子が少しずつ浮かび上がってきて、痛々しくもどこか懐かしくて切ない気分にさせられる。
密室の構造や作り方も、犯人にたどり着くまでの推理も無理がなく分かりやすくて論理的。
上質なトリックと学生特有の短絡的だったり身勝手だったりする青さを詰め込んだ学園群像ミステリー。
面白かったけど、そこそこ大きい学校や店舗があるっぽいのに携帯の電波が殆ど通じない町というのは実在するんだろうか…。

レビュー投稿日
2018年10月3日
読了日
2018年10月3日
本棚登録日
2018年10月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夕暮れ密室 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『夕暮れ密室 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする