スプートニクの恋人 (講談社文庫)

3.48
  • (887)
  • (1528)
  • (3116)
  • (309)
  • (73)
本棚登録 : 13758
レビュー : 1254
著者 :
こなつさん  未設定  読み終わった 

物語の真髄が分からなかった。
村上春樹はノルウェイの森しか読んだことがなく、スプートニクの恋人を読むまで苦手な部類だった。

スプートニクの恋人はノルウェイの森より抽象的で分かるにくいんだけど、とても心地が良い。
ギリシャの穏やかな空気のおかげかな、リラックスできる本だった。
うーん、とにかく不思議だ。
分からないんだけど分かる。
取り留めもないんだけどすごく大切なことを言っている。
抽象的なんだけど至極具体的。

この本を本当に分かるには、あとどのくらいの出会いと別れを経験すれば良いのか…
最後になったけれど、すごくいい本。好きだ。

レビュー投稿日
2018年9月24日
読了日
2018年9月24日
本棚登録日
2018年9月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スプートニクの恋人 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『スプートニクの恋人 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする