九十九十九 (講談社文庫)

3.23
  • (50)
  • (76)
  • (162)
  • (57)
  • (17)
本棚登録 : 861
レビュー : 110
著者 :
エリィさん ミステリ   未設定

舞城氏、一人で遊びすぎ。一人で満足しすぎ。読者が置いてきぼりになる作品です。追いつこうと思って疾走して、脱落する機会を自制心と負けず嫌いで振り切って、読後だって疲労感しか残らない。景色を覚えていない。ただやみくもに走っただけ。労わりの言葉もあったもんじゃない。盲目的な舞城氏の大ファンじゃない限り、前向きな感想を抱けないでしょう。

レビュー投稿日
2008年8月8日
本棚登録日
2008年8月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『九十九十九 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『九十九十九 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする