東西不思議物語 (河出文庫 121A)

3.46
  • (22)
  • (42)
  • (100)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 478
レビュー : 38
著者 :
ema0413さん エッセイ、随筆集   読み終わった 

前口上にもある様に『不思議な物語を楽しんで欲しい』と言うのが文章から伝わってくる。肩肘張った感じが無く、適度に力が抜けている印象があり、その著者の気持ちが私をリラックスさせ、物語を尚面白く読めたように感じる。多分、澁澤龍彦自身、これを書いていて楽しんでいたんじゃないだろうか?そう思う内容だった。澁澤龍彦にしては珍しく、日本の不思議な物語が多く掲載されているように思う。挿絵が本のイメージと合っていて、文章の面白さとの相乗効果によって、尚面白く読めたと思う。これが新聞に掲載されてたのが不思議でならないけど。

レビュー投稿日
2012年11月10日
読了日
2012年11月10日
本棚登録日
2012年11月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東西不思議物語 (河出文庫 121A)』のレビューをもっとみる

『東西不思議物語 (河出文庫 121A)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする