罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

4.29
  • (147)
  • (76)
  • (47)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 963
レビュー : 105
emikokさん  未設定  読み終わった 

海外小説の初心者としては、読み終わった直後は何もかも腑に落ちなかった。しかし、そこからひとつずつ、良心、罪悪感、罰といったものが意味するものを考えていくと、これまで歴史を学んでいても理解できなかった、信仰を持つ人々の感覚や行動心理が少しずつ自分に近づいてきて、どんどん目から鱗が落ちていって、なんだかものすごく面白い作品なんじゃないか、という気持ちに襲われてきた。
きっと慣れてきたら、読むことと考えることを同時進行できるようになって、読んでいる最中から面白くて仕方なくなるんだろうな、と思う。

小説が、ノンフィクションや学術書よりも現実世界を理解させてくれることがある、と実感させてくれた一作。しかし読みこなすまでの道のりは、果てしなく遠い気がする。

レビュー投稿日
2013年1月27日
読了日
2013年1月27日
本棚登録日
2013年1月27日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)』のレビューをもっとみる

『罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする