とんび (角川文庫)

4.39
  • (918)
  • (638)
  • (189)
  • (21)
  • (2)
  • 本棚登録 :4957
  • レビュー :668
著者 :
enageさん  未設定  読み終わった 

最愛の妻・美佐子を事故で亡くしたヤスさんと息子のアキラ。
時には互いに傷付き、離れてはやがて戻って、そんな父と息子の絆を描いた作品です。
ドラマもチラチラ見て、当時はあーいい話だなー位に感じていましたが、息子を持つ父親の立場になってみて、とたも感慨深く身に染みます。
人生を80年とした時に、その中で父と息子が一緒にいれる期間はたったの20年。
そして息子は親元を飛び出して自分の世界に旅立ち、やがて新しい家庭を持ち、今度は自分が父となる。
人生のたったの4分の1。その不思議な時間を大切にしたいと思いました。

レビュー投稿日
2017年4月11日
読了日
2017年4月11日
本棚登録日
2017年4月11日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『とんび (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『とんび (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする