マリー・ルイーゼ―ナポレオンの皇妃からパルマ公国女王へ

著者 :
  • 文藝春秋 (2006年4月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2

高校生のとき、日本史を履修していました。
そのため、まったくといっていいほど世界史が分からない。

正直、イタリアが140年位前まで現在の形のイタリアじゃなかったことも知らず…

刻々と変化していく情勢、利害の絡み合った外交、政略結婚。
登場人物は次々と現れて、情勢は刻々と変化し、国境も支配国も変遷していきますが、とても分かりやすい解説ですんなり頭に入っていきました。

誰かに特別肩入れして描いているわけではないのに、それぞれの人の内面が心に迫る。
宮殿のシーン、公園を歩く女王、夜の逃亡など、
大河ドラマを見ているかのような、臨場感が印象に残っています。

父(ナポレオン)に憧れながらも、親ナポレオン派による担ぎ出しを恐れられて、
結局ウィーンに閉じ込められて短い生涯を終えるプリンスが印象に残っています。
臨終のシーンでは、涙が止まりませんでした。

マリールイーゼには、今ここでやるべきことを淡々とやる、
という内に秘めた強さを感じました。
野心に燃えて目標を達成していくぎらぎらとした強さとも、
独立心旺盛に自分の考えを貫くのでもない。

愛する人にすっかり頼り切る柔らかい面も持ち、
情勢に翻弄されて、時代の要請をのむ受動的な面も持つ。

でも、出来る範囲内で、自分の考えを貫き、
こつこつとものごとを達成していく。
謙虚だけれど、確実に人の心をつかんでいく、
そんな強さを持っている。

著者の前書きで、平和には努力が必要だ、と書かれていましたが、
本当にその通りだと感じました。
政治には正解がなく、刻々と変化していく現実に即して、
平和を守る手段も変えていかなければならない、
その見極めが大切なのだろうと感じました。

ナポレオンやメッテルニヒのように、独裁が続けば、
どうしても本人の思考回路が固くなってしまう。
かつて自分が威力を発揮し、信頼を勝ち得たことばかりが
頭をよぎって、目の前の過ちを見過ごしてしまうこともある。
成功からは、何も学べないのだろうか。
成功からは、ただ堕ちていくことしかできないのだろうか。
そんなことまで考えました。

遥か昔の時代の、自分とはまったくかけ離れた身分の人の
波乱万丈物語、ではなく、いかに生きるのかを自分の身に
引き寄せて考えられた一冊でした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 旧ブログより
感想投稿日 : 2011年5月19日
読了日 : 2008年10月19日
本棚登録日 : 2011年5月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする