新装版 ムーミン谷の夏まつり (講談社文庫)

4.10
  • (44)
  • (54)
  • (31)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 555
レビュー : 49
制作 : 下村 隆一 
endericoさん 小説(海外)   読み終わった 

洪水が起こって家が沈んでしまった一家は劇場に移り住む。
ムーミンとスノークのお嬢さんは一家とはぐれ、
ちびのミイは水に流されスナフキンと会う。

一家は劇を上映するために準備をし、
ムーミン達はフィリフヨンカと出会い、
スナフキンは公園のたてふだを全部燃やし、
ろうや番のへムルがその犯人を追う。
彼らがみんな劇場に集まって・・・

という、なんだかムーミンシリーズにしては珍しく
伏線とその回収がとてもスムーズな印象。
3組のストーリーが交互にすすんでいって、
「シナリオをえらんでクポ」状態。

スナフキンとミイ(実は異父きょうだい)のコンビが面白かったし、
24人の森の子供達の面倒を意外とちゃんとみている
スナフキンが微笑ましかった。

レビュー投稿日
2011年9月10日
読了日
2011年9月6日
本棚登録日
2011年9月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 ムーミン谷の夏まつり (講談社文...』のレビューをもっとみる

『新装版 ムーミン谷の夏まつり (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『新装版 ムーミン谷の夏まつり (講談社文庫)』にendericoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする