じつは、わたくしこういうものです

3.78
  • (136)
  • (113)
  • (215)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 929
レビュー : 153
endericoさん 小説(日本)   読み終わった 

久々のクラフト・エヴィング商會。
面白いんだけど値段が高いのが難点…

架空の職業の人々にインタビューをするという形式で、18人の人物がその仕事について語っていく。
どれも面白い視点で、実際こんな職業あれば楽しいだろうなと思える内容だった。
色々な職業が増えている昨今、この中のどれか一つくらいは実際にやってる人がいたりして…と思えるくらい現実に近い、けれども絶妙にファンタジーというところをついてくるのはさすがだなぁと思った。
どの職業も面白かったけど、中でも反響が大きかった「シチュー当番」は別格だった。「冬眠図書館」の中で出されるシチューをまかなう「シチュー当番」。ほんとうにこんな図書館あればいいのにー!あとはバリトン・カフェ、白シャツ工房もとても良かった。
13年前とは思えない新鮮さだし、文庫本によせたあとがきも良かった。高いけれども満足の一冊。

レビュー投稿日
2015年11月20日
読了日
2015年11月20日
本棚登録日
2015年11月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『じつは、わたくしこういうものです』のレビューをもっとみる

『じつは、わたくしこういうものです』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする