THE HOURS―めぐりあう時間たち 三人のダロウェイ夫人

  • 集英社 (2003年4月4日発売)
3.69
  • (21)
  • (14)
  • (24)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 231
感想 : 17
5

装丁はミレイのオフィーリア(部分)。数年前テート美術館が来日した時Bunkamuraに観にいった。表紙には顔が無く、藻が生い茂る川に浮かぶ手だけにしたのはなぜだろう。入水自殺したヴァージニア・ウルフのオマージュ、いやこれはイマージュか。読んでいて息苦しい。咀嚼するのが難しい。3人の女主人公の意識の流れ。またもういっかい読む。

(再読中)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文芸
感想投稿日 : 2011年12月14日
読了日 : 2011年12月15日
本棚登録日 : 2011年12月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする