芸術の陰謀―消費社会と現代アート

3.88
  • (7)
  • (11)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 174
レビュー : 14
制作 : 塚原 史 
のん太さん  未設定  読み終わった 

レイアウトの余白が多くて字が少なくて薄い本なのに2,400円もするし巻頭からいきなり1990年のウォーホルについてのインタビューで、今頃出版されるには内容が古いんじゃないか。書店で手に取ったけど買わなかった。でも今でも六本木の国立新美でアメリカンポップ・アート展(~2013/10/21)なんてやってるので、そうかもう時代が一周してまた見直されているもんなのかなと思ったりしている。本編のインタビューや散文はまとまりがないが、後半の訳者によるキーワード解説は親切丁寧、文章も読みやすい。現代美術はニュルニュル。価値がある人たちだけのもの。

レビュー投稿日
2013年8月21日
読了日
2013年8月21日
本棚登録日
2013年8月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『芸術の陰謀―消費社会と現代アート』のレビューをもっとみる

『芸術の陰謀―消費社会と現代アート』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする