九十九十九 (講談社ノベルス)

3.31
  • (60)
  • (77)
  • (251)
  • (35)
  • (13)
本棚登録 : 773
レビュー : 113
著者 :
樹燐さん 小説:作家名ま行   読み終わった 

10年ぶりに再読。
圧倒的なスピード感は、やはり初期の作品だからこそ。こじつけにこじつけを重ねた見立てのメタメタストーリー。九十九十九=αΩαΩαというのは、根拠自体も間違ってるこじつけであって、読者がよく知らないことなら分からないだろうという、もはや隠し球のような表現で笑った。
しかし、ムンクの「アルファとオメガ」という一連の作品を見ていくと、キリスト教的観念で、α=始まり、Ω=終わりと考えられる。そうなると九十九十九=始まりの終わりの始まりの終わりの始まりで、二度世界が終わり再び開かれるのだといえる。そうであるならば、この章構成も確かに九十九十九であるといえるのではないか。

レビュー投稿日
2018年4月16日
読了日
2018年4月16日
本棚登録日
2018年4月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『九十九十九 (講談社ノベルス)』のレビューをもっとみる

『九十九十九 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする