日本の教育を考える (岩波新書)

3.23
  • (2)
  • (7)
  • (19)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 105
レビュー : 8
著者 :
ericさん 教育・格差系   読み終わった 

教育とは何か、日本の近代教育制度の変遷など教育論的テーマについても触れられてはいるが、どっちかというと宇沢先生の個人的な経験談の方が面白かったり。それでも個人的には、デューイやボウルズ=ギンダスら知らない学者の名前が出てきて、理論教育学(っていうのか?)への橋渡しにはなってくれたと思う。

改革案を色々提言してはいるが、思い付きの域を出ていないような。斬新で参考になるが、役には立たない。


200円。

レビュー投稿日
2008年11月2日
読了日
-
本棚登録日
2008年11月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本の教育を考える (岩波新書)』のレビューをもっとみる

『日本の教育を考える (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする