新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

3.80
  • (675)
  • (1328)
  • (964)
  • (142)
  • (21)
本棚登録 : 9011
レビュー : 975
著者 :
えりこさん  未設定  読み終わった 

文豪たちの、有名過ぎて最早説明するまでもない名作たちを
森見色に塗りたくった一冊。

特に『走れメロス』はもう森見ワールドの真骨頂。
お馴染みの詭弁論部、図書館警察、自転車にこやか整理軍…が
太宰治巻き込んで京都走りまくります!

だけど宵山万華鏡派も、もちろん夜は短し派も、
どっちも満足出来るかなりお買い得な作品集です。

私のいちおしは『薮の中』。
心、締め付けられます。

いつか絶対しようと決めている「京都森見巡り」!
スタート地点はやっぱり“鴨川デルタ”かな。

レビュー投稿日
2012年10月31日
読了日
2012年10月31日
本棚登録日
2012年10月24日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 ...』のレビューをもっとみる

『新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする