ツレがうつになりまして。

3.65
  • (159)
  • (230)
  • (361)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 1434
レビュー : 339
著者 :
erikokさん 心理学   読み終わった 

 本人がうつを病気ととらえるかどうか、病気だとわかる人が周りにいるかも疑問。苦しい期間ですね…。
 ツレさんが、言っている言葉「病みは闇なり」…。ひびきます…。ツレさんは病気をする前より柔らかくなったそうな…。うつはツレさんにとっては避けては通れなかったという点も理解できました。
 貂々さんが、「自分がしっかり生きていくためには明るい考えをして前向きに生きていかなきゃいけない。」という言葉もとてもよかった。この本では二人で乗り越えていっているけれど、ひとりで抱えている人もたくさんいるので、貂々さんのように支えられる人が増えるといいなと思いました。

レビュー投稿日
2012年2月3日
読了日
2012年2月2日
本棚登録日
2012年2月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ツレがうつになりまして。』のレビューをもっとみる

『ツレがうつになりまして。』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする