ヨコハマメリー:かつて白化粧の老娼婦がいた

3.61
  • (3)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 71
レビュー : 10
著者 :
えりこむさん  未設定  読み終わった 

子供の頃、都市伝説のように伝え聞いていた、白塗りの娼婦「メリーさん」。彼女の周辺の人々に話を聞き、メリーさんの軌跡をたどった1冊、なのですが。(本であろうと映画であろうと)ドキュメンタリーを作る人々の心に肉薄したところに、この本の凄みがある。時に精神を病み、仲間に裏切られ、取材相手に辛辣な態度をとられ、自分が何のために誰のために作ろうとしているのか分からなくなってさえ、追い求めることをやめられない病的な情熱。綺麗事では語れないドキュメンタリー制作の現場の熱気が感じられ、こみ上げるものがありました。時代が過ぎれば街が変わるのは当然だけど、横浜のそれはあまりにも激しく、人間味が溢れている。
横浜にゆかりのない方でも、歴史好きなら楽しめるはず。

レビュー投稿日
2019年7月11日
読了日
2019年7月11日
本棚登録日
2019年7月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ヨコハマメリー:かつて白化粧の老娼婦がい...』のレビューをもっとみる

『ヨコハマメリー:かつて白化粧の老娼婦がいた』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする