間宮兄弟 (小学館文庫)

3.59
  • (213)
  • (393)
  • (573)
  • (61)
  • (12)
本棚登録 : 3325
レビュー : 375
著者 :
はちこさん 小説   読み終わった 

間宮兄弟は、タイトルや装丁が雰囲気じゃないなーなんて敬遠していたのだけど、読むとすっかりすきになった。タイトルも装丁もぴったり。

似ているようで似ていない兄弟。兄弟は面白い。親もしらない、絆といってはきれいすぎるようなきがするけれど、そういうものでつながっている。家族という社会を、共有している。

どこかで、彼らのようなひとたちが、生活を送っているかもしれないと思うと、不思議にほっとするのだった。

レビュー投稿日
2011年10月11日
読了日
2011年10月11日
本棚登録日
2011年10月11日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『間宮兄弟 (小学館文庫)』のレビューをもっとみる

『間宮兄弟 (小学館文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする