宵山万華鏡 (集英社文庫)

3.70
  • (316)
  • (556)
  • (556)
  • (95)
  • (9)
本棚登録 : 5632
レビュー : 534
著者 :
Spicaさん  未設定  読み終わった 

現実の世界と宵山様がいる別の世界とリンクしてその境界が曖昧でクルクルと万華鏡のように変化し、幻想的な世界を醸し出しているのが魅力的。あとがきで著者自ら祭りの神秘性について語られていますが、確かに祭りというのは異世界とまでは言わなくても、この世と別の世界とが何かの拍子に繋がってしまうような非日常の感覚がありますね。幼かった頃、人混みで迷子になるんじゃないかと思った怖さ、それを上回る祭りから得られる高揚感、そんな感覚を久しぶりに味わいました。恐るべし宵山、恐るべしモリミー!

レビュー投稿日
2016年7月19日
読了日
2016年7月19日
本棚登録日
2016年7月16日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『宵山万華鏡 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『宵山万華鏡 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『宵山万華鏡 (集英社文庫)』にSpicaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする