最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

3.19
  • (63)
  • (208)
  • (433)
  • (125)
  • (23)
本棚登録 : 2631
レビュー : 311
Spicaさん  未設定  読み終わった 

三浦しをんさんの「春太の毎日」は既読でしたが、それ以外は全部初めて読みました。
阿川さんの小説は初めて読んだけど、面白かった。
こういう出会いがあるからアンソロジーはいいなと思える。
あとは「ヒトリシズカ」と「LAST LOVE」が好き。
LAST LOVEの「いとしのエリー」を聞きながらメールを打ったというくだりで笑え、最後のネコのオチでほろりときました。

レビュー投稿日
2014年8月7日
読了日
2014年8月7日
本棚登録日
2014年8月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (...』のレビューをもっとみる

『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする