和菓子のアンソロジー (光文社文庫)

3.43
  • (38)
  • (124)
  • (182)
  • (27)
  • (6)
本棚登録 : 1271
レビュー : 142
著者 :
Spicaさん  未設定  読み終わった 

「和菓子のアン」の続きが目当てで購入。相変わらずのアンちゃんが可愛かった。
和菓子がテーマということで、凡人にはおよそ浮かんでこない設定で書かれる作家さんは凄い。
初めて読んだ作家さんも多かったけど、温暖化で荒れた日本で和菓子を作りながら旅する親子の話や、甘い物が好きな警察官の話、海外で出会った和菓子の話などなど、色んな種類のお話を楽しめました。
北村薫さんの俳句と和菓子の謎ときはジンときたし、畠中さんの現代ものは初めて読んだ。

レビュー投稿日
2014年11月11日
読了日
2014年11月11日
本棚登録日
2014年11月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『和菓子のアンソロジー (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『和菓子のアンソロジー (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『和菓子のアンソロジー (光文社文庫)』にSpicaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする