ねこの肉球 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋 (2015年9月2日発売)
3.29
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 4
5

猫の肉球写真と、肉球エッセイがおさめられた、肉球マニア垂涎の本。
私はマニアでも何でもないが、表紙の写真にノックアウトされ、肉球の世界に足を踏み入れることに。

秀逸なのは、「肉球占い」。「1000匹以上の家庭猫たちの手と肉球を間近に観察して得た臨床データを元にしています」とのこと。私は肉球なんて全部ピンク色だと誤解していたが、様々な色があり、色ごとに毛色や性格がある程度決まっているなんて面白い。肉球の匂いが発酵臭に似ているというのは、本当だろうか…。

肉球写真は、どれもいい具合に力が抜けていて、小さくて無防備な手のひらが本当に可愛い。

小さな文庫本ながら、肉球の魅力をこれでもかと伝えてくれる。ちょっと猫派に傾いてきた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 写真集
感想投稿日 : 2017年8月7日
読了日 : 2017年8月7日
本棚登録日 : 2017年8月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする