スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社 (2010年1月15日発売)
4.33
  • (2115)
  • (1366)
  • (540)
  • (81)
  • (18)
本棚登録 : 12793
感想 : 1266
5

人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ――あの事件から十年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなことに没頭し、刺激し合っていた6人。空室だった201号室に、新たな住人莉々亜がやってきて、少しずつ変わっていく「スロウハイツ」の人間関係。そんな中、あの事件の直後に百二十八通もの手紙で、潰れそうだったコーキを救った一人の少女に注目が集まる。彼女は誰なのか。そして環が受け取った一つの荷物が彼らの時間を動かし始める。

上巻読んだ時点ではあんまり感情移入もできずふーんって感じだったのに・・・。ここまで強烈に爪痕を残す本を初めて読んだ気がする。好きか嫌いかは置いておいて、苦しいくらいに伝わるものがあるのは確か。いろんなところに一冊でも愛する本がある人なら必ず分かる気持ちがあって、心が温かくなります。たかが本かもしれないけど、それだけで救われることがあるということを知っている人は、幸せなんだと思う。私にも環のように支えにしてきた本があるから、そうだと分かる。
環や公輝やスーたちが、あまりに一生懸命にもがく姿が生々しくて、どんなに言葉にしても伝えきれないものを、この本は伝えてるんだと感じました。こういう本を読むことは疲れるけれど心地いいことを知った。どうしても諦めきれずに手をのばすからこそ、掴めるものもできるんだと思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 国内小説
感想投稿日 : 2010年8月29日
読了日 : 2010年9月7日
本棚登録日 : 2010年9月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする