後宮デイズ~七星国物語 4 (プリンセスコミックス)

3.66
  • (4)
  • (13)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 13
著者 :
Natさん まんが   読み終わった 

図書館の場面や、食べてる翡翠を見て嬉しそうな様など、皇帝はもう翡翠が可愛くてしょうが無いって感じなのが胸に迫る。
しかしながら「私情は持たない」と言い切る陛下。ん?「自分だけのものにしたいわけではない?」と問われてこの答え、本心ではそうしたいと答えたようなものでは。いや、もう彼の態度からその気持ちはあからさまなような気もするし、そういうことなのだろうか。その上で、そう言い切る陛下と、忠誠心とすり替え(させられ)てはいるがこっちももはやあからさまに陛下に恋慕しちゃってる翡翠とがこの先どうなるのか、その期待だけでお腹いっぱいになれちゃうレベル。続刊が待ち遠しい。

レビュー投稿日
2013年5月25日
読了日
2013年5月25日
本棚登録日
2013年5月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『後宮デイズ~七星国物語 4 (プリンセス...』のレビューをもっとみる

『後宮デイズ~七星国物語 4 (プリンセスコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする