なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣

3.81
  • (7)
  • (8)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 134
レビュー : 15
著者 :
etsu*さん 単行本   読み終わった 

内容は悪くないのだけど、自分には響かないというか、心に残らないというか、全然中に入っていかない。
心屋さんの著書はすんなり自分にあてはめて、じわじわ入り込んでくるのですが、相性なのかもしれません。

「運」とは「運ばれてくるもの」
運んでくれるのはほかの人。
自分の心のスイッチが「自分否定モード」から「感謝モード」に切り替わると運やツキがどんどんやってくる。

日常の出来事を楽しい気持ちで受け取る習慣を持つ。
運を運んでくる周りの人も受け取り上手に運を渡したいもの。

運河=運は川の流れと同じ
①今あるラッキーを味わうと川の幅が広がる
②他人のラッキーを一緒に喜ぶと川の水量が増える
③運ばれてくる運のルーツをさかのぼるほど長くなる
④まずは自分を満たしてから溢れたものを人に与える
⑤強運な人はこの運河の全体像を俯瞰する

「不安」な時は、感謝を忘れている時。
感謝を感じながら不安を感じることはできない。

運が悪い人は「自分が嫌い」「どうせ自分なんて誰にもわかってもらえない」という「拗ね」モードから、氷河を作り運を堰き止める。

「嫉妬」と「尊敬」はコインの表と裏。同時に持ってる。
「嫉妬」は「好きなもの」に気づくコンパス
「すごいですね!」と尊敬モードになると楽になる。

自分のことを許せない時、ネガティブな感情を抱いた時は「いや〜先輩、マジすごいっすよ。自分ならそんな辛いの耐えられないっス」と脳内に「エア・ヤンキーの後輩」を登場させ自分に共感してもらう。

「決める部隊」はハート、「実行部隊」は頭。
頭で考えて決断しない。頭は上手に遂行させるのみ。

「散財」はワンナイトラブ、「本当に欲しいものにお金を費やす」のは永遠の愛。
本当に欲しいものを手に入れた幸せは「ジワジワ」くるもの。

自分が満たされてないのに人に与えようとする人は、「たわけ者=田分け者」。
自分の不作な田んぼを人に分け与えるのではなく、まず自分の田んぼを豊作にしてから、人に米を分け与える。
「運」を誰かに渡す時は、自分のエネルギーが満ちている状態で渡す。

他人を褒める時の褒めポイント=自分の褒めポイント=自分の才能

「関心・感動・感謝」が運を引き寄せる

自分の怒りスイッチは自分の嫌いな部分。
自分の一部を否定すると「拗ね」から「グレ」る。
「最低な自分」を「最高な自分」と決めて、自分の嫌いな部分もひっくるめて認めて仲直りする。

レビュー投稿日
2018年12月14日
読了日
2018年12月14日
本棚登録日
2018年12月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい...』のレビューをもっとみる

『なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣』にetsu*さんがつけたタグ

ツイートする