星の子

3.25
  • (45)
  • (193)
  • (280)
  • (81)
  • (22)
本棚登録 : 1922
レビュー : 289
著者 :
にゃん吉さん 今村夏子   読み終わった 

今村夏子さんを読むのは「こちらあみ子」に続いて2作目。

新興宗教にどっぷりハマった両親を持つ娘・ちひろちゃん。
ちひろが幼い頃からその日常は当たり前にあった。小学生の時から他の家とは違うことを薄々気づいていただろうけど、さすがに中学生にもなると家族や、その家族が信じるものと向き合わなければならない時がくるわけで…。

信じる者は救われる。そこにつけこんで悪さを企む輩もいる。
本作ではその宗教の実態についての詳細は書かれていないけれど、飲むと元気になるという「命の水」を扱っていることから胡散臭さが窺えます。
だけどちひろちゃんのお父さんもお母さんもそれを本当に信じている。ちひろのことも愛しているし、とても幸せそう。。。それがなんとも歯がゆい…。子としても親を悲しませたくないもの。
ラストはその先のもっと踏み込んだ内容を読んでみたかったなぁ。
問題提起だけしてあとは読者に放り投げてるような気も。

レビューを書いているととても重苦しい話のように思えるけど、物語全体を包む雰囲気は不思議とあたたかい。
木地雅映子さんの作風に似ているなぁと感じました。

レビュー投稿日
2018年5月28日
読了日
2018年5月15日
本棚登録日
2018年5月15日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『星の子』のレビューをもっとみる

『星の子』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『星の子』ににゃん吉さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする