ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)

4.00
  • (57)
  • (63)
  • (32)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 614
レビュー : 47
著者 :
exastさん マンガ   読み終わった 

この作家さんに関しては全く知らないまま、コンビニで本書を手に取った。パラパラめくってみて「うっわ、気持ち悪い画…」とそのまま棚に戻したのですが、ある意味日野日出志を思わせるその気持ち悪さゆえに気になってしまい、降参して読んでみた。最初からじっくり読み進めるとあの気持ち悪い画が、必然性を持って迫ってくる。引き込まれた。あっという間の読了。

読後のなんともいえないやり切れなさに、ふと手に取った別なマンガのセリフ。「自分の身に及ぶどんな困難も、原因は必ず自分にある」

このマンガの吹き出しひとつひとつが各々のキャラクターの選択した言葉。物語の冒頭シーンを生み出した、そこに至るまでのいくつものの主人公の選択。選択の結果が幸でも不幸でも、ふとした一言、軽はずみな行動が生んだ1ミリのズレがいずれ数百メートルの地割れとなってゆく。閉塞された空気が狂気につながるこの地に降り立ってしまった春花は不幸であったが、この物語はそういう視点で読むと決して他人事ではない。

ならば読み終えた僕らにできることは、自分は生み出す言葉、行動のひとつひとつをもっと大切にして生きてゆくこと。そこからどのような事態が発生しようとも、できる限りの少ない後悔ですむように。それが「ミスミソウ」を通じて痛感した最大のことだ。

ラスト近く、トリガーを引く直前の春花の瞳に映った刹那の回想。この一瞬に象徴される春花の運命。涙。

ホラーという言葉でくくられてはいけない物語である。

レビュー投稿日
2013年11月20日
読了日
2013年11月20日
本棚登録日
2013年11月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ミスミソウ 完全版(上) (アクションコ...』のレビューをもっとみる

『ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする