草祭 (新潮文庫)

3.82
  • (69)
  • (126)
  • (95)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 853
レビュー : 110
著者 :
アメマさん  未設定  読み終わった 

タイトルが示している様に終始草花の情景描写が垣間見える。自然の根源、生命の源。それらの草花は匂いすら感じる。また誘われてしまった。また迷わされてしまった。素晴らしいよ、ツネコーワールド。『美奥』と呼ばれる非日常的な異世界を舞台にした連作短編集。捨て短編一切無し。この世の物と思えぬ風景や不思議な生き物登場に「待ってました!」と諸手を挙げる。祭りだワッショイである。『美奥』という土地の謎、それに関わる人間達の謎。ちょっぴり怖いが何故か温かい。そしてその『美奥』は懐かしささえ感じる。新年一冊目、最高の出だしである。

レビュー投稿日
2017年1月7日
読了日
2017年1月7日
本棚登録日
2017年1月7日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『草祭 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『草祭 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする