灯台守の話

3.93
  • (43)
  • (45)
  • (46)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 330
レビュー : 53
制作 : Jeanette Winterson  岸本 佐知子 
eye76さん イギリス文学   読み終わった 

初読

自分を物語とする事で人は救われる、
という事に確かに私も救われたことはあったのだ。
そういう意味では、今は私はこの小説を読むのにジャストなタイミングではなくて
それが少々残念というか勿体無いというか。

豆料理が全部床に落ちてしまうような斜めになった家に住む幻想的なシルバーの始まりと
恋に落ちた女性が処女じゃないかも?というあまりに世俗的な猜疑心に陥るダークと。
時間が隔りと現実感と非現実感が
概念としての存在のようなピューを介して交差する2人

訳者あとがきにあるジャネット・ウィターソンの人生も興味深い…

レビュー投稿日
2018年9月10日
読了日
2018年9月10日
本棚登録日
2018年9月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『灯台守の話』のレビューをもっとみる

『灯台守の話』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『灯台守の話』にeye76さんがつけたタグ

ツイートする