世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

3.83
  • (1934)
  • (1282)
  • (2666)
  • (100)
  • (20)
本棚登録 : 11130
レビュー : 1079
著者 :
F本さん ├ 村上春樹   読み終わった 

正直、感想というほどの感想を抱けなかったので、とりあえず春樹にまつわる個人的な思い出を。

好きな人が好きな本を自分も読んでみたくなる、と云う甘酸っぱく且つ微妙にキモい乙女系中2病を長いこと患っており、たまたま付き合った相手が世に謂う「ハルキスト」だったため、それじゃあっつって手を出したのが『風の歌を聴け』。
薄い本だったのですぐに読み終わったものの、本当にただ「読んだ」だけ、字面を目で追っただけで、びっくりするほど引っかかる所がなかった。もう1周しようにも主人公が好きになれない。いや、むしろ嫌いでその気が起きない。
だから私は正直に言ったね。

「読んだ後、なんにも残らない小説だったわ」

そしたら彼はこう言うのさ。

「僕は学生の頃から春樹作品を愛好してきたけれど、その魅力を端的に表す言葉を見つけられずにいた。けれどあなたと話していてそれが何なのかやっとわかったよ。つまり、『何も残らない』ということ。だから僕は春樹の書く小説が好きなんだ」

【こんな調子で下巻のレビューに続く】

レビュー投稿日
2014年1月19日
読了日
2014年1月11日
本棚登録日
2014年1月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーラン...』のレビューをもっとみる

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)』にF本さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする