砂の女 (新潮文庫)

3.75
  • (1177)
  • (1344)
  • (1849)
  • (162)
  • (45)
本棚登録 : 10836
レビュー : 1293
著者 :
たっつさん  未設定  読み終わった 

吸い込まれていった、砂だけに。
現実ではあり得るはずがなく、下手したら自分でも作れるような設定にここまで緊張感を表現できたのは素晴らしいと思った。女や部落の者たちの態度、劣悪な環境、そして理不尽な仕事、全てに憤りを感じた一方で働けば水がもらえるという洗脳によってだんだんと考え方を変えられていくのが自分でも目に見え、悔しささえ感じてしまった。
「住めば都」これだけでは表しきれないような、生き方を考えさせられる作品だと思う。

レビュー投稿日
2018年9月13日
読了日
2018年9月13日
本棚登録日
2018年9月7日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『砂の女 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『砂の女 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする