美丘 (角川文庫)

3.65
  • (440)
  • (625)
  • (616)
  • (192)
  • (35)
本棚登録 : 5488
レビュー : 632
著者 :
tadtantanさん  未設定  読み終わった 

※本作、及び『君の膵臓をたべたい』のネタバレ注意

本作は、ヒロインが不治の病である点で、キミスイと似ている。
しかし、本作ではヒロインが病気により死に至るのに対して、キミスイのヒロインは病気により死ぬ前に突然に刺殺される。
読者としては、ヒロインには医者から宣告された余命があると想定して読み進めるだけに、意外性という点では、本作よりキミスイの方が優っている。
また、両作をヒロインの短命との関係で、生の貴重さ、ないし現在の大切さを描く作品として読むならば、期待された余命さえも全うできないキミスイの方が、死がいつ訪れても不思議ではなく、したがって目の前にある今がいかに貴重かを浮彫にすることに、より成功しているといえよう。

レビュー投稿日
2018年6月20日
読了日
2018年6月20日
本棚登録日
2018年6月20日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『美丘 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『美丘 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする