短歌部,ただいま部員募集中! (岩波ジュニアスタートブックス)

  • 岩波書店 (2022年4月8日発売)
3.75
  • (3)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 83
感想 : 11
4

短歌の入門書ですね。
中高生向けの短歌へのいざないです。
短歌を通して、自分の気持ちを表現する事によって、新たな発見を得られたりで、気持ちを楽にできると、推薦されています。二人の歌人が案内役。
小島なおさん(1986年、東京生まれ)歌人。
千葉聡さん(1968年、神奈川県生まれ)歌人、高校教師。
中高生に寄り添った、悩みの解決法なども語りながら、短歌を紹介されています。
 
 学校は直角の場所 
  ゆうぐれにテストひとたば持ちてあゆみく
          吉川宏志『鳥の見しもの』

 昼休み友だちがくれた
  ポッキーを噛み砕いてはのみこんでいく
      加藤千恵『ハッピーアイスクリーム』 

 嬉しくて風を殴った
  嬉しくてもう痩せたいとおもうことなく
           雪舟えま『たんぽるぽる』

 よく笑ふ親の子供は
  よく笑ふなんでもなくてしあはせなこと
           大松達知『アスタリスク』

 海に向く背中ばかりの
  海にきて海もまた後ろ姿と思う
              小島なお『展開図』

 フォルテとは遠く離れてゆく友に
   「またね」と叫ぶくらいの強さ
     千葉聡『そこにある光と傷と忘れもの』

馴染みやすく、優しく丁寧に語りかけながら短歌の良さを紐解いてくれます。装丁とイラストも楽しく愉快に、気持ちを和ませてくれますね。
短歌の入門書としては良書だと思います。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 入門書、解説書
感想投稿日 : 2024年4月11日
読了日 : 2024年4月11日
本棚登録日 : 2024年4月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする