独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

著者 :
  • ダイヤモンド社 (2020年9月29日発売)
4.01
  • (241)
  • (202)
  • (119)
  • (37)
  • (13)
本棚登録 : 7837
感想 : 267
5

星4.9 (-0.1点分は巻末の逆引きがKindle版では文字が潰れてしまっていたことによる)

物理書籍版ではなくKindle版で読んだ。Kindle版は文中に注釈が挟まる形であり、著者の提案する技法がどんな先行研究に由来するかがすぐに読み取れるという点で、固有の読み味がある。図書館学的にいうと、物理書籍版とは体現形(manifestation)のレベルで互いに異なる書籍である、と言えるだろう。

本書は図書館情報学と認知科学のパスから賦活されて現代に華々しく蘇生した現代の『論語』であり(在野性をふまえると王陽明『伝習録』の方が感触が近いかもしれない)、凡夫が愚童持斎心(via 空海『十住心論』)程度の向上心程度に留まっていたとしても、その日1日を後悔せずに学ぼうとするには充分なだけの祝福を供与すべく放たれた、惜しげないマントラである。その書き振りには、発心と知的探究を寿ぐことに特化した『華厳経』冒頭のような、尊き輝きがある。その輝きに導かれて、読み手は何度でも立志し、発心できる。だらしなかろうがなんだろうが、死ぬまで、何度でも。

実行に際してのツール面への注釈およびサポートがいささか足りないようには思う。たとえばデジタル方面ではExcel関数, PlantUML, アルゴリズム表記法, データベース的な処理, Ankiの活用, 構文解析ノート術など、『読書猿Classic』には手厚い言及があったのに今回の『独学大全』から漏れている基礎的なものが多くある。しかしそれは今後の著者および仲間のサポートがあれば問題ないだろうし、まず縦書きの熟読可能な書籍として不動の定点を打ち立ててくれたことは、何より喜ばしい。

ツールサポートはもしかすると、『アイデア大全』『問題解決大全』の前二著が担っているかとも思った。しかしそれらにもコンピュータでできる処理についてはそこまで手厚くない。独学者のためのコンピュータ活用術が、大全3部作に対応づけられる形で、(単著でもよいし、集合知的にでもいいので)注釈され続けていってほしい。そうすることで、『独学大全』含む三部作は、「古典」の地位を獲得してゆくことになるのではないだろうか。(もちろん、そうした注釈は1-2年ごとに更新を掛けなければ古びるし、一人で探査し続けられる範囲ではないことも了解しているけれども)


▼付録:技法リスト
※電書版のリストは読みづらいため、抽出した。

技法01 「学びの動機付けマップ」
技法02 「可能の階梯」
技法03 「学習ルートマップ」
技法04 「1/100プランニング」
技法05 「2ミニッツ・スターター」
技法06 「行動記録表」
技法07 「グレー時間クレンジング」
技法08 「ポモドーロ・テクニック」
技法09 「逆説プランニング」
技法10 「習慣レバレッジ」
技法11 「行動デザインシート」
技法12 「ラーニングログ」
技法13 「ゲートキーパー」
技法14 「私淑」
技法15 「会読」
技法16 「カルテ・クセジュ」
技法17 「ラミのトポス」
技法18 「NDCトラバース」
技法19 「検索語みがき」
技法20 「シネクドキ探索」
技法21 「文献たぐりよせ」
技法22 「リサーチログ」
技法23 「事典」
技法24 「書誌」
技法25 「教科書」
技法26 「書籍探索」
技法27 「雑誌記事(論文)調査」
技法28 「目次マトリクス」
技法29 「引用マトリクス」
技法30 「要素マトリクス」
技法31 「タイム・スケール・マトリクス」
技法32 「4分割表」
技法33 「トゥールミン・モデル」
技法34 「転読 Flipping」【速読01】
技法35 「掬読 Skimming」【速読02】
技法36 「問読 Q&A Reading」【速読03】
技法37 「限読 Timed Reading」【速読04】
技法38 「黙読 Silent Reading」【平読01】
技法39 「音読 Reading Aloud」【平読02】
技法40 「指読 Pointing Reading」【平読03】
技法41 「刻読 Marked Reading」【精読01】
技法42 「段落要約 Paragraph Summarizing」【精読02】
技法43 「筆写 Scribing」【精読03】
技法44 「注釈 Annotating」【精読04】
技法45 「鈴木式6分割ノート」【精読05】
技法46 「レーニンノート」【精読06】
技法47 「記憶法マッチング」
技法48 「PQRST法」
技法49 「プレマップ&ポストマップ」
技法50 「記憶術(ニーモニクス)」
技法51 「35ミニッツ・モジュール」
技法52 「シンクアラウドThink Aloud」
技法53 「わからないルートマップ」
技法54 「違う解き方」
技法55 「メタノート」

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年10月23日
読了日 : 2020年10月23日
本棚登録日 : 2020年10月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする