ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

4.14
  • (198)
  • (173)
  • (83)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 1842
レビュー : 179
著者 :
制作 : redjuice 
いけはた あいさん  未設定  読み終わった 

とても惹き付けられ、一気に読破。
世界規模の核戦争の反省として、人の生命や健康を第1に考える社会が確立した。病気や痛みが無くなり、犯罪もなく、老衰か事故でしか死ななくなった世界。隣人を愛して当たり前、善意を振りまいて当たり前。それが常識でしょ?という、空気に締め付けられる息苦しさ。本当に今後起きそうで怖いと思う。よくある近未来SFの飛躍した理論なんかではなく、哲学的な考えや、医学的根拠がたくさん記されており説得力があった。

人間が進化した結果得た「意識」が無駄なものだと気がついてしまうという皮肉は考えさせられるものがあった。
癌を患い命を落とした作者自信が、この楽園を否定したということは大きな意味を持つと思う。死を目の当たりにした作者にしか描けない死生観の世界だった

レビュー投稿日
2018年12月23日
読了日
2018年12月23日
本棚登録日
2018年12月23日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)』のレビューをもっとみる

『ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする