歴史戦と思想戦 ――歴史問題の読み解き方 (集英社新書)

4.02
  • (22)
  • (27)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 269
レビュー : 37
著者 :
龍前篤司さん  未設定  読み終わった 

 題名に惹かれて購入しました。歴史はいつも為政者のために都合の良いように書き換えられてきたわけですが、最近は修正主義者が増えている。誰もが自分の過去を正当化したいのですが、少なくとも南京虐殺の事実そのものをないとするのは顰蹙だ。
 ネットでは自分に心地よい情報が氾濫しているので、事実を冷静に客観的に見つめることができない人が増えている。怖い。

レビュー投稿日
2020年11月22日
読了日
2020年11月17日
本棚登録日
2020年11月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『歴史戦と思想戦 ――歴史問題の読み解き方...』のレビューをもっとみる

『歴史戦と思想戦 ――歴史問題の読み解き方 (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする