チャヴ 弱者を敵視する社会

4.09
  • (23)
  • (32)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 446
レビュー : 39
ゆーやさん ノンフィクション   読み終わった 

2017年38冊目。

イギリスで、労働者階級に対する不快感を込めて使われる言葉「チャヴ」。
中流階級のような上品さがない粗野な下流階級、という意味合いが込められているという。
チャヴヘイトとも言える彼らへの攻撃は、マスコミの報道、政治家の発言、チャヴ撃退を謳うトレーニングビジネスの宣伝文句にまで表れる。
その過激さに、正直吐き気がした。

暴力的、不正受給した社会保障を食い物にしている、金がないくせに子どもをたくさん生む...
(一部そのような事実があることは認めるにせよ)そのような悪印象だけが一面的に語られ、「貧しいのは自己責任」と切り捨てられる。

そんな社会に怒りを覚え、警告をあげたのが、本書著者のオーウェン・ジョーンズ。
20代で書き上げたこの本は世界中で翻訳され、各国の政治運動に大きな影響を与えているという。

・社会保障の不正受給による損失は年間約10億ポンド=約1450億円であるのに対し、脱税による損失は毎年約700億ポンド=約10兆1500億円。約70倍。

・法人税を世界最低水準の24%に引き下げた一方、貧困層ほど割が重くなる付加価値税(消費税に近いもの)は20%に引き上げられた

このデータはほんの一例で、他にも彼らの悲惨な住宅事情や求職の難しさが、そもそも(特にサッチャー時代の)政策から生み出されていることを指摘している。

労働者階級の人々の環境は、彼らの自己責任というだけで低福祉社会に移行していくことで、本当に改善していくのだろうか。
貧困構造を生み出しているもっと大きな課題はないのだろうか。
この問いは、イギリスだけに当てはまるものではなく、日本人の立場で読んでもかなり考えさせられる。

政治家や全国紙のジャーナリストのほとんどは、中流以上の階級の出身だそう。
現場感のない権力者ほど恐ろしいものはない、と思う。
(「イギリス人の平均年収はいくらだと思う?」という質問に、ある編集者は「8万ポンド=約1160万円」と答えたそう。実態の4倍近く)
現場の真実を知ってしまうことが既得権益者にとって不都合、として避けているのであれば、なおさら。
少なくとも本書を読んだ限りでは、現場を本当に知った上で「自己責任だ」という言葉が出てきているのだとは、とても思えなかった。

衝撃の強い一冊。
まさに「世に問う」という意気込みを感じた。

レビュー投稿日
2017年8月9日
読了日
2017年8月9日
本棚登録日
2017年7月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『チャヴ 弱者を敵視する社会』のレビューをもっとみる

『チャヴ 弱者を敵視する社会』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする