人妻魂

著者 :
  • マガジンハウス (2007年8月23日発売)
3.18
  • (3)
  • (9)
  • (27)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 82
感想 : 22
3

ファーマータナカの本棚「人妻魂」。

読書の秋の到来だ。

文豪の文豪たる所以は(人)妻にあり!?
純文学の真髄に到達したいとする崇高な欲求に、人妻の研究は避けて通れないと見た。
帯には目眩(くるめ)く単語が並ぶ…。

「人妻→嫉妬→官能→不倫→離婚→再婚→流浪→淫乱→堕落→覚醒→心中→自立→遊蕩→熟成→昼寝。
人妻はやっぱりステキです。
漱石、鷗外、鏡花、芥川、安吾の妻、そして白秋の三人の妻、さらには与謝野晶子、平塚らいてう、林芙美子から幸田文、武田百合子まで、明治大正昭和を彩る人妻の波瀾万丈の人生。」

悪妻を持つオヤジは少し気が楽になり、悪妻本人が読めば「このままでいいのだ」と自信がつく(つかんでよろしい)という効用もある。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: エッセイ
感想投稿日 : 2023年10月2日
読了日 : 2023年10月2日
本棚登録日 : 2023年10月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする