スターダスト (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 1-20 スペンサー・シリーズ)

  • 早川書房 (1997年10月1日発売)
3.28
  • (1)
  • (9)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 4
4

スペンサー・シリーズの17作目。

何とも言えない、安定感。
いつものメンバーが登場して、
それぞれの役目をはたして、事件を解決する。

今回はテレビシリーズの女優ジルを守る依頼。
スーザンがその番組のコンサルタントを引き受けているので、
ボディガードを引き受けるが、
ジルは画面での清純な印象と異なり、
嘘つきで、アルコールに溺れがちで、男を誘いがちだった。
スペンサーもホークもその誘いを断るが。

ジルがおびえる脅迫者の正体と、
彼女のスタントウーマンを殺した犯人をつきとめるため、
西海岸まで飛んでいくスペンサーだが、
昔ジルが結婚していたことや、
ギャングとつきあっていて娘がいることが分かってくる…。

犯人が金欲しさとは意外だった。
スペンサーが、むかし守り切れなかった女性の墓を訪ねたのと、
もう五十歳になっていたのが印象的だった。
あと、口笛が吹けないのも。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ヴァイオレンス
感想投稿日 : 2023年3月26日
読了日 : 2023年3月23日
本棚登録日 : 2023年3月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする