テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)

3.71
  • (103)
  • (122)
  • (134)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 1019
レビュー : 138
著者 :
pan2さん 時代小説   読み終わった 

琉球王朝がいかに美と知識を極めていたのか。
今の沖縄をこの時代の人々が見たら、きっと嘆き悲しむ。
琉球人の伝統や誇りが戦争でも散々に破壊され、未だにその名残がある。
もし今も琉球という国が残っていたら、どんな隣人になっていたのか。
地形的に政治に巻き込まれやすいとは言え、今に至るまで切ない歴史の重なる場所。
4巻は色々駆け足で通りすぎていった。
哀愁溢れる終わり方だった。

レビュー投稿日
2019年10月23日
読了日
2019年10月23日
本棚登録日
2019年10月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)』にpan2さんがつけたタグ

ツイートする