時間のかかる読書 (河出文庫 み 27-1)

著者 :
  • 河出書房新社 (2014年12月8日発売)
3.61
  • (4)
  • (16)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 421
感想 : 20
5

最初に巻末のほうにある「機械」を読む
確かに1時間くらいで読み終わる
んで、本文のほうにいく

なるほど、ここまでして読むってことができるんですね
めちゃくちゃ面白いし、読むのは1時間だけど、書くのには、それまでの作家の人生分の蓄積があるのだから、11年かかって読むというのは実は大袈裟じゃないのかもしれない。

とても面白かった。

下記の本で、「銀の匙」を3年かけて読む灘校の国語の授業の話があるけども、本を読むって面白いですねー
1000年くらい生きられたらいいのに。

灘校・伝説の国語授業 本物の思考力が身につくスロ-リ-ディング
https://www.amazon.co.jp/dp/4796686975/ref=cm_sw_r_cp_api_i_CKA8EbMCN5BSX

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年6月23日
読了日 : 2020年6月23日
本棚登録日 : 2020年6月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする