茶の本 日本の目覚め 東洋の理想―岡倉天心コレクション (ちくま学芸文庫)

4.00
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 4
Yu Kinoさん  未設定  読み終わった 

1900年前後の日本は、日清の後、日露の前、開国と発展と、その基になった国学と実際の矛盾とで、新渡戸稲造や内村鑑三や岡倉天心が、英語で、日本とは!と世界に発した時代。
ラフカディオハーンに任せてばかりはいられないと
誰も、今日、日本とは!とこんなに熱くなれないでしょ
そんなに知らんし

レビュー投稿日
2018年11月24日
読了日
2013年12月28日
本棚登録日
2018年11月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『茶の本 日本の目覚め 東洋の理想―岡倉天...』のレビューをもっとみる

『茶の本 日本の目覚め 東洋の理想―岡倉天心コレクション (ちくま学芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする