所さんにまかせなさい (be文庫)

著者 :
  • 集英社 (2002年5月16日発売)
3.54
  • (5)
  • (5)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 8
5

所ジョージが女性読者の悩みに答える人生相談本。回答の発想が独特で、認識の転換が起きる良書。以下印象的だった箇所のまとめ。

・人間毎日行うことは、たいてい全部面倒くさいこと。起きるのも面倒くさい、パジャマのボタンを外すのも面倒くさい、歯を磨くことも、働くことももちろん面倒くさい。けれど、その大変で面倒くさいことこそ楽しいことで、生きていくことなんだとわかった人だけが、結婚していいんだと思う。
・悩む人は、私はこれだけのことしているのに、何で恵まれないんだろうというメンタリティ。周りの人のおかげで、自分が日々できていることに気づけていない。自分から何か発信しているんだと思った途端に、色々な悩みが生じ始める。
・本当に美しい生き方をしている人は、汚いからといって人に文句を言わない。自分できれいに、美しくする。
・想像力は豊かな方がいいけど、想像力が現実にくいこみすぎると生活していけなくなる。夢3割、現実7割くらいがちょうどいい。
・大切なのは「明日こそ」じゃなくて今日この日。「明日がある」じゃなくて、「明日はない」。明日は、明日になったら今日なのだから。明日はないと思って毎日暮らすと楽しくなる。
・小さなことから達成感、満足、幸せを感じることができるようになれば、悩みは消える。
・自由とは、制限のあるところで知恵を働かせること。無制限は自由じゃない。
・世の中のお父さんはそんなに忙しくない。「疲れてる」と言っても、会社で鉛筆くらいしか持っていない。「気づかれだよ」と言うなら、家で奥さんに気をつかえと言いたい。家族は気を使いあわなきゃ。
・「気がきかないね」という男は最低。そう言われた相手がどれほど傷つくか、そういうお前が気をきかせろというお話。気がきく、きかないは、相手に好意を持つかどうか。気をきかせたい気持ちにさせなかった男の方が悪い、と言うくらい、もしそんなこと言われたなら、強くやり返したらいい。
・小さな不幸にも気づくようにすると、人生楽しくなる。どれだけ小さなことに気づけるか。
・今が辛いのはこの後楽しくなるため、と想像力をはたらかせよう。みんなきれいな花しか見ようとしない。花が咲くまで、手間がかかる。花を育てることにも喜びがある。炎天下に水をあげるのも楽しくなるし、土をいじるのも楽しくなる。
・どんな人にも不満はある。仕事が上手くいっている人でも、オリンピックで優勝した人でも、絶対何か不満はあるはず。その不満を出すか出さないかの違い。
・みんな頭がいい。けれど、頭を使わないで休んでばかり。もっと頭を使って人生を楽しもう。
・当たり前のことを当たり前と思うと、頭が悪くなる。当たり前と思われていることも、何故だろうとよく考えてみるようにすると、人生楽しくなる。
・ラクしたいっていうのは、根本的に間違い。人よりたくさん色々なことをした方が、死ぬ時楽しい人生だったと思える。
・相手に何とかして欲しいと思って結婚すると、結婚後不幸になる。相手頼りだから。結婚は、お互いに相手を楽しくするためにするもの。
・世の中には自分に向いている仕事なんてない。自分に向いているものをやっても、面白くない。学校は楽しい方がいいというのも間違い。楽しくないことをいかに楽しむかというお話。嫌なところにいかにして行くか、今日をいかにしのいでいくかということに、楽しさを見出さないといけない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: スピリチュアル
感想投稿日 : 2011年3月13日
読了日 : 2011年3月13日
本棚登録日 : 2011年3月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする